グレー色のキッチンはどれがおすすめ?2021年版の全キッチンメーカーから厳選!

グレー色のシステムキッチンをお探しですか?
こちらでは、日本のシステムキッチンメーカーのグレー色キッチンだけを集めて、分析してみました。
キッチンリフォームを検討されている方は必見です!

リクシル リシェルの人気のグレー色キッチンは?

リシェル

写真: LIXIL リシェルSI

リシェルSIで、人気のグレー色のキッチンがこちら。
こちらの色は、プレミアムマットシリーズの【シルキートープ】と呼ばれているカラー。
シルキートープ
ちなみに、よりグレーな色で【シルキーグレー】が同じタイプでありますが、写真のシルキートープが、ベージュ色も混ざった上品なカラー。
無機質なグレーに、少し温かみのあるカラーリングで、人気があります!
特徴は、マットなつや消しタイプで、上から3番目のグレードで、やや高めの仕様です。

\ こちらのリシェルSIが気になりますか? /
リシェルSIの評判はこちら
特徴や口コミ評価、値引き相場も公開!

リクシル アレスタの人気のグレー色キッチンは?

グレー色のキッチン

写真: LIXIL アレスタ ルーセントベージュ

グレーのアレスタ
こちらの色は、ルミナスシリーズのルーセントベージュ。
名称はベージュですが、よりグレーに近い色で都会的な印象がある色味です。
ルーセントベージュ
特徴は、光沢感があり、木口(扉の側面部)も表面と一体になっており、掃除がしやすいメリットもあります。
ただ、アレスタで1番高いグレードになりますが、同じアレスタでも、まったく見た目が変わり、高級感が増す色味で、ユーザー満足度も高いです。

人気のヴィンテージ感あるグレーキッチン!

アレスタ人気色
こちらのグレーも人気!
こちらの色は、ヴィンテージシリーズのグレイッシュグレインというアレスタキッチンのカラー。
木目柄で、最近人気のグレイッシュな木目。
グレードが中間で、「お手頃価格で見た目格好いい」という評判で、おすすめカラーです。
グレイッシュグレイン
施工例だと、黒っぽく見えますが、そんなに暗くなく、木目がはっきりとしたヴィンテージ感あるオシャレなキッチンです。

\ こちらのアレスタが気になりますか? /
アレスタの評判はこちら
特徴や口コミ評価、値引き相場も公開!

リクシル シエラの人気のグレー色キッチンは?

シエラグレー色のキッチン

写真: LIXIL シエラ バーンドウッド

バーンドウッド
グレー単色ではなく、木目でグレイッシュなタイプのカラー。
最近、キッチンでグレイッシュなタイプを選ぶ方が増えてきています。
とてもオシャレですね。

外壁のような粗いグレーな感じが逆にオシャレ!

シエラのキッチン

写真: LIXIL シエラ グレージュスタッコ

グレージュスタッコ
外壁材のような粗いイメージのスタッコ。キッチンも素材感を表現するスタイル、最先端デザインです。
アレスタのグレー色

写真: LIXIL シエラ ホワイトスタッコ

同じスタッコタイプで、こちらは白タイプ。
真っ白というよりは、少しグレーが入っている色見ですね。

\ こちらのシエラが気になりますか? /
シエラの評判はこちら
特徴や口コミ評価、値引き相場も公開!

クリナップ ステディアの人気のグレー色キッチンは?

ステディアのキッチン

写真:クリナップのキッチン「ステディア」

こちらはクリナップのキッチンで人気シリーズのステディア。
グレーで人気なのが、スタウトシリウスと、カシミアエトープの2色使いのグレー。
リビング側から見ると、カシミアエトープという、明るいグレー。
キッチン側からみると、スタウトシリウスという、黒に近いグレー。
グレーキッチン本体
最近見る側によって、色を変えるという上級者向けのカラーリングです。
2色使いは内装とのコーディネートが重要なので、インテリアコーディネーターの方にアドバイスをもらうのがおすすめです!
結構、この2色使いの失敗例が多いのも事実なので、ご注意を!
色のグレード
こちらの扉カラーは、ステディアの上から2番目の高級仕様です。
面材が細框風の形状をしていて、ウレタンクリア塗装のつや消しで仕上がっており、上品な印象です。
木口もウレタンクリア塗装されており、仕上がりがしっかりとしています。
さすがクリナップのキッチンって感じがします。

\ こちらのステディアが気になりますか? /
ステディアの評判はこちら
特徴や口コミ評価、値引き相場も公開!

パナソニック Lクラスの人気のグレー色キッチンは?

パナソニックのキッチン「Lクラス」

写真:パナソニックのキッチン「Lクラス」

こちらはパナソニックの最上級モデルのLクラスからのキッチン。
キッチン部は、スタッコグレーで、後ろの収納部は、グレイッシュスモークオークの木目カラー。
ちなみに、キッチン本体約302万円+カップボード(収納部)約308万円+テーブル部約61万円で、総額約671万円という、超高級システムキッチンです。
パナソニックのLクラスは、選べる扉が100柄あるというのがアピールポイント。
色にこだわりたい方はパナソニックのLクラスはお勧めです。

TOTOクラッソのグレー色キッチン「デリエシルバー」がプロ感すごい!

グレーステンレスキッチン

写真:TOTOのキッチン「クラッソ」

こちらはTOTOの上位モデルクラッソのシステムキッチン。
デリエシルバーという扉カラーで、カウンターカラーは、バイブレーション仕上げのステンレス。
クラッソのグレーキッチン
メタリック調のタフなイメージが、調理のプロ感を出している。
昨今の人気のステンレスキッチンを、ステンレスキッチンではなく、機能性、収納力のある「システムキッチン」で再現したキッチン。
見た目もよし、使い勝手もよしで、リフォームプランナーもおすすめするキッチンです!
デリエシルバー
デリエシルバーは、表面の細かなテクスチャーにより、やわらかな印象をもつメタリック調扉。
ステンレスカウンターと組み合わせると、より一体感のあるキッチンに仕上がります。

トクラスベリーのグレー色キッチン「ラスティック」がオシャレ!

トクラスベリー

写真:トクラスのキッチン「ベリー」

こちらはトクラスの人気グレードのキッチン、ベリー。
ベースキャビネットと壁面の収納扉には、天然石の石目やレザーの質感、落ち着いた重量感をも視覚的に再現したシリーズから、
あえて素材感のミックスで「グレーストーン」と「ダークレザー」をチョイスしている。
トクラスのグレー色キッチン
ワークトップは、グレーナⅡ マーブルホワイトという、無垢な色調になっており、色味を抑えながらも、ダーク&ブラックのラスティックなキッチンになっている。

グレー色のキッチンを選ぶ際の【注意点】とは?

リシェル
グレー色のキッチンは、色のコーディネートが特に難しい色味です。
キッチン単体でグレーを選択すると、茶色のフローリングとの相性が悪かった・・・壁紙と、窓枠と、建具・・・と検討するパーツが多く、素人で失敗する例が多いのがグレーです。
最近ではオープンなキッチンの空間が多いので、グレーが好みの方は、空間全体で色のコーディネートをする必要があります!
セントロの専門
そこでおすすめしたいのが、プロのインテリアコーディネーターをうまく使うこと!
ある一定規模のリフォーム会社には、インテリアコーディネーターが在籍しております。
色のコーディネートに特化した職種なので、色経験値が豊富で、どのグレーとの組み合わせがOKで、どれがNGが理解しております。
キッチンの色味で失敗したくない方は、インテリアコーディネーターが在籍しているような、大手リフォーム会社さんに声をかけるのがベターです。
ただし、大手=安心ではありません!
インテリアコーディネーターの方が、新人では困りますので、2,3社の大手リフォーム会社に見積依頼して、良いプランナーに出会う確率を上げることが大事です!
自分で業者さんを探すのもよいですが、大手リフォーム会社に特化した一括見積サイトを利用すると便利ですよ!

おすすめの一括見積サイト:ハピすむ

自宅の図面があれば、現地調査せずに、オンライン上で概算費用なら教えてくれます!

ざっくり概算が知りたい方には便利なサイトです。しかも無料なので、多くの方が利用してますね!

まずは、一括見積サイトに登録して、ぜひ自分に合ったインテリアコーディネーターを見つけてみてください!
普通の方が選ばない、上級者カラーのグレー色のキッチンで、ぜひ素敵なキッチンライフを楽しんでください!

ネット上でキッチンの見積依頼ができる サービスがあるのご存知ですか?