「アレスタ」リクシルキッチンの評判は?プロが具体的に評価したら…

アレスタ

写真:リクシルカタログより

「アレスタ」の評価は?

リフォーム業者の方々

普段キッチンリフォームに携わっているリフォームプランナー、営業、設計、現場の方などに、クリナップのラクエラの評判、口コミ、プロユーザー目線での評価をしてもらいました!

ビンテージデザインのキッチン。若年層に人気ですね!
木目でも、あえて節がある荒々しい木目のシンプルキッチン。タイルと合わせると素敵です。
ビンテージ系のデザインのキッチンの背面収納は、見せる収納が鉄板ですね。
シンクにあるオート水栓は、使い勝手抜群です。ちょっと高いオプションですけど、ぜひお勧め。
換気扇にもこのようにデザインをこだわってほしい。シンプルを極める!

アレスタキッチンの割引相場は?

アレスタのシステムキッチンの値引き相場を調べてみました!
価格が安いに越したことはないですが、値引きしすぎている料金設定にも注意が必要です!目安としてどーぞ!

リフォームチラシ

40~50%OFF

2021年リフォーム関連のちらし、広告、WEB調べ

こちらのリクシル アレスタの情報
アレスタ

写真:リクシル アレスタ アイランド型 色:ライトグレイン

ビンテージ感のある素材をほどよくミックスした居心地よいインテリア。
キッチンやダイニングも、リビングのように機能します。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

快適ダイニングになるキッチン!アレスタの人気の理由とは?

収納力のあるキッチン

写真:リクシルカタログより

もやはキッチンが家具になったプランのアレスタです。対面キッチンのダイニング側に、収納したいって要望が多いですよね。よく対面キッチンの上に物があふれている家って多いですよね(笑)そんな方にはこちらのプランをお勧めしてます。キッチンの同じ色の面材なので、一体感もあって、リクシルなので、質感もすごくいいですよ。下手なネット通販の家具だけは避けるようにアドバイスしてます。
アレスタのハンズフリー水栓だけは絶対付けて下さいってお勧めしますね!洗いモノの動きをとらえて、自動で吐水・止水できる機能がすごいです!対面式のレイアウトを選ぶなら、水栓の頭部分の汚れはすごく気になる点。リクシルの水栓オプションは、そんな高くないので、付けてよかったっと言われるケースが多いので参考まで。
こちらの写真のようなサポートカウンタータイプが人気の理由として、最近ダイニングテーブルで、本を読んだり、勉強される方が多く、ダイニングテーブルの近くに物が置ける収納があると便利というのががあります。本や雑誌を置いたり、コーヒーメーカーを置いたり、電話を置く、携帯の充電をする場所など重宝できるキッチンです。
家具になるキッチンはとても便利ですよ。
通常はキッチンの背中には別に購入した家具を配置されるので、ちぐはぐになるケースがありますが、柄も合わせてあると、オープンキッチンのレイアウトの場合はきれいにおさまりますよ。

こちらのリクシル アレスタの情報
収納力のあるキッチン

写真:リクシル アレスタ オープン対面キッチン 色:ペールシリーズ ペールホワイト W62F+クリエモカ

ダイニング側からもラクにアクセスでき、家族みんなで効率よく朝食準備などができるオープン対面キッチンです。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

キッチンとダイニングテーブルを一体化!なぜ人気?

ピンク色のキッチン

写真:リクシルカタログより

このアレスタのキッチンとダイニングテーブルを一体化したプランは、ここ最近に人気が高まっています。料理を夫婦でする方や、パーティー感覚で料理を楽しむスタイルに注目が集まっています。そんなキッチンが中心のライフスタイルには、やはりこの赤い色のキッチン。差し色として、アクセント色の高いアレスタのソリッドレッドというカラーはゲストも驚くインパクトを持っています。
リフォームでは配置するのが難しい、アイランド型のオープン対面キッチン。もしこんなレイアウトを希望される方は、リノベーションしかないですね。これだけ開放感のあるキッチンは、写真の施工事例だと約15畳の広さです。収納部分だけでも65万円する商品を入れています。キッチン本体と合わせて、定価211万円です。でも、アレスタなら、定価の半額ぐらいが相場なんで、意外とお得感あると思います!
こちらの水栓は、オールインワン浄水栓を採用しております。浄水器と通常の水栓が一体になっているので、使いやすく、便利です。浄水器のカートリッジが、本体の筒部分に内蔵されているので、本当に無駄のない形状で、お勧めです。だいたい4か月ぐらいが交換目安で、メーカー品だからといって、コスパが悪いわけでもありません!リクシルは水栓メーカーでもあるので、その点安心ですよ。
なかなかリフォームでは実現できないプランですが、リノベーションでは可能です。まずはリノベーションができる業者さんを見つけることをお勧めします。「こんなレイアウトの空間がほしい」という旨を伝えれば大丈夫です。
キッチンとダイニングテーブルを同じ直線で配置するレイアウトはマンションリノベーションで多く採用されていますね。

こちらのリクシル アレスタの情報
オシャレなキッチン

写真:リクシル アレスタ オープン対面キッチン 色:ルミナスシリーズ ルーセントベージュ V71Q

鮮烈なレッドと明るい空間のコントラスト。
ダイニングテーブルをつなげたアイランド型で開放感いっぱいのアクティブなプランです。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

手頃なキッチンといえば、この組み合わせ!?

手頃感のキッチン

写真:リクシルカタログより

アレスタの中でも103万円の安価仕様のキッチンがこちら。幅が210cmのコンパクトキッチン。夫婦二人だからキッチンは小さくてもいいって方にはこちらをご提案してます。どうしてもコンパクトキッチンだと、安い賃貸用のキッチンしか選べなくなってしまいがちですが、こちらはコンパクトでも、しっかりとしたシステムキッチン。だからお勧めです。
ダイニングキッチンで6畳で全てをおさめたいってプランがこちら。セミオープンタイプで、リアリティーのあるプランですね。収納部も合わせても176万円で、実質100万円以下のキッチンとなります。安くリフォームしたいって方にはお勧めです。
似たキッチンで、家具系メーカーが出している、IKE○とか、ニト○のキッチンがありますが、我々リフォームプランナー側としては、全く違う商品だと思ってます。やはり長年使っても、不自由なく使ってもらえるキッチンは、キッチンメーカーを選ぶことに限ります。安かろう悪かろうという言葉がありますが、キッチンは特にそれ!そんな中でもアレスタのコンパクトキッチンはお勧めですね。
コンパクトキッチンの需要はありますね。ご年配の方で夫婦二人になったので、キッチンをよりコンパクトにされたい方は多いです。
とにかく価格が安いのがアレスタ!

こちらのリクシル アレスタの情報
リビング一体型キッチン

写真:リクシル アレスタ オープン対面キッチン 色:ルミナスシリーズ ルーセントベージュ V71Q

限られたスペースに収まるコンパクトなセミオープン対面はリフォームにぴったり。
忙しい朝でもムダなくてきぱきお料理ができます。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

子育てキッチンの人気NO.1はコレ!?

明るい黄色キッチン

写真:リクシルカタログより

最もコスパの優れた商品がアレスタだと思います!そのアレスタで人気がある年齢層が、子育て世代の方ですね。見た目+清掃性に優れているので、人気あります。キッチンをしながら、ダイニングで子どもが遊ぶシーンってよくありますよね!?そんな時におもちゃや本が仕舞える収納があるのが、とても重宝されます!

L型キッチン

見せる収納がよくて、このアレスタを選ぶ方も多いですね。家具と一体になったキッチンは、やはり建材メーカーのリクシルが得意とする分野です。キッチンはもちろん、収納棚の耐久性も問題なし!
スムースイエローという、黄色のキッチン。明るいキッチンがいいなって方にはお勧めしてます。黄色のキッチンは運気も上がるらしく、お選びになる方も多いですね。個人的には、対面式キッチンでも手元が隠せる、ちょうどいい高さの壁がお勧めです。奥様友達が来られた際でも、安心できる点が1番の人気ですね。

こちらのリクシル アレスタの情報
明るい黄色キッチン

写真:リクシル アレスタ オープン対面キッチン 色:ベーシックカラーシリーズ スムースイエロー Y60E+クリエペール

調理家電をはじめ、子どものおもちゃや趣味の本などが出し入れしやすくたっぷりしまえます。
温かみのあるやさしい色合いが暮らしを楽しむ家族にぴったり。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

タワマンにぴったり、最新モノトーンキッチンとは!?

黒キッチン

写真:リクシルカタログより

アレスタのキッチンでも、こちらはタワーマンションのキッチンのような施工事例です。対面キッチンのタイプでも、カウンターがあるタイプで、キッチン本体で軽食ができる仕様です。都会暮らしの方には人気があり、朝食はキッチンでパッと済ましたいというご要望が多いですね。光沢感のあるこのジェットブラックも人気ありますね。
ペニンシュラI型プランで、奥行が97cmもあるキッチンです。手元が丸見えなのが気になる方も多くいるので、よく料理をされる方には逆にお勧めしてませんね。特にコンロ前のガラスパネルは不人気ですよ。汚れが逆に目立って、使うたびに掃除って案外難しいもんです。頻繁に料理されない方仕様かもしれません。
リクシルの人工大理石は評判がいいですね。コーディング技術が高く、シンク内の汚れが目立ちにくいのが特徴!特に白い人工大理石のシンクをお選びになる方は、リクシルのバリアコートNEOで、油をはじく感覚をぜひ体験してください。
アレスタは収納のバリエーションが豊富な点が好きですね。キッチンといえば、収納面の提案が命だと思ってますから。
アレスタはリクシルキッチンの中間クラスのシリーズで、もっとも選び安い価格帯です。見た目では違いが分からないので、業者さんと一緒にメーカーショールームに行かれることをお勧めします。

こちらのリクシル アレスタの情報
黒キッチン

写真:リクシル アレスタ オープン対面キッチン 色:エレメントシリーズ ジェットブラック K68H

L字型の収納を配置した使い勝手のよいプラン。
インテリアとなじみのよいペールグリーンで和みの空間を演出します。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

吹き抜けがあるキッチン!でも注意点が!?

吹き抜けの台所

写真:リクシルカタログより

こちらのプランは約8帖のダイニングキッチンで、キッチンと収納部をL型に配置した間取りになってます。ダイニングからキッチンが丸見えになるので、収納部は隠す収納ですっきりとしています。インパクトの強いカラーだと、ダイニング側から見ると残念になるので、こちらのペールグリーンがお勧め。
シンクは広くしたいけど、キッチンにかけられる予算はなるべく低くおさえたいってご要望をよく聞きます。食洗機派よりも、自分で洗って、食洗機スペースも収納にされたい方にはお勧めプラン。アレスタのシンクは、ひろびろキレイシンクで、使い勝手の評判はいいですよ。
吹き抜けにキッチンを配置すると、排気、ニオイの問題はネックです。いくら換気扇の性能がよいとはいえ、臭いは上に上がってしまいます。夏の暑い中での料理も問題です。意外とクレームが入りそうなプランな気がしますね。

こちらのリクシル アレスタの情報
建具横にあるキッチン

写真:リクシル アレスタ オープン対面キッチン 色:ペールグリーン

スクエアなフォルムと光沢のある黒い扉がスタイリッシュなキッチン。
朝食やティータイムの時にも使えるテーブルタイプのキッチンです。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「ALESTA」より抜粋

イタリアンウォールナットは、淡いベージュのような木目って今まで無かったです!女性に人気で、北欧デザインの家具と合わせやすいカラーです。
アレスタのウォルナットは、家具のようなキッチンで人気がありますね!木目でもウォルナットは一番選ぶ方が多いですね。
人気色が、このグロッシーチーク。光沢感があり高級感がありますよね。ダークブラウン系は、汚れも目立ちにくく、飽きもこないので、やはり1番人気でしょうか!?
他社にはない、広々とした「ひろびろWサポートシンク」が好評ですね。最近の料理は時短がテーマですから、並行作業ができるシンクは、口コミも高く、超お勧めですね!
級者の色使い。暗いキッチンにならないよう部屋全体のコーディネートは慎重さが必要。汚れが目立たないから、この色って方も多いですね。ご主人が台所に立つ方は選ぶ傾向あり。

リクシル「アレスタ」のキッチンを選ぶ際の注意点は?

システムキッチンの評判

リクシル「アレスタ」のキッチンは、国内でも主要なシステムキッチンメーカーなので、どのリフォーム業者さんも施工品質は問題なくできるような作りになっております。

なので、「しっかり工事をしてくれる業者さんを探す」よりも、「提案力がある業者さんを探す」ことが大事です。

リクシル「アレスタ」は、選ぶパーツ、オプションが豊富な特徴がある一方で、プランナーとしての技量が求められるシリーズです。

そのプランナーが、リクシル「アレスタ」に精通しているかどうかは、見積書と一緒に出てくる提案書で比較してみることをお勧めします!

つまり、キッチンリフォームを失敗しないためには、良いリフォームプランナーと出会う必要があります!

まずは、2,3社のキッチンリフォームの業者さんと出会って、どの方が一番提案力があるかを見極めることからスタートしましょう!

最近では、ネット上で見積のやり取りができる「リフォームの一括見積サイト」が人気です。

いくつかサイトがあるので、ランキング形式でまとめたページを用意してありますので、参考にどーぞ。

まずはこちらの無料サービスに登録してからスタートしてみましょう!

ネット上でキッチンの見積依頼ができる サービスがあるのご存知ですか?