おすすめ【コの字型】キッチン6選!主要メーカーから厳選してみました!

コの字型キッチン

おすすめの【コの字型】キッチンをお探しですか?
こちらでは、全メーカーのU型キッチン、通称コの字型キッチンの施工例を紹介!
使い勝手便利のレイアウトをぜひ参考に見て下さい!
キッチンリフォーム検討中の方は必見!

コの字型キッチンは、どのメーカーも中上級グレードに用意されている傾向があります。
つまり、ちょっとお高めの予算感が必要ですね!
なので参考価格も掲載しております!

パナソニックの最上級モデル『Lクラス』のコの字型キッチン

コの字型キッチン

写真:パナソニックのLクラスキッチンより

こちらのキッチンは、パナソニックのLクラスのキッチン。
パナソニックでは、コの字型キッチンをU型と呼んでおります。
さらに、細かく言うと、セミフロート対面プランというレイアウトです。

キッチン部は、モイストホワイトの色。
カウンターは、フリントグレーを採用。
パナソニックのU型キッチン
キッチン部だけで、定価約314万円(税別)。
もちろん、椅子などの家具、取り付け工事費は別途です。

LクラスのU型キッチン
こちらのキッチンのポイントは、3辺の奥行きが違うカウンターになっている点。
実際は限られたキッチンスペースに設置するため、パナソニックのキッチンなら、
スペースに合わせた奥行きのカウンターを選べます。
Lクラスはシンプルデザインが特徴的ですが、センスがある扉とカウンターの組み合わせが人気!

カウンター付の超コンパクト、コの字型キッチン!

U型システムキッチン

写真:パナソニックのLクラスキッチンより

U型フラット対面プラン

ワインレッドのキッチン

クリナップのコの字型キッチンは色が人気!

L型キッチンリフォーム

写真:クリナップカタログより

クリナップのコの字型キッチンの評価は?

L型だけど、カップボードと併せて、コの字キッチンもコックピットのように使い勝手が良いですね!
このグリーン系のクリスタシトロンカラーはキッチンが明るくアクセントになって人気です!
オープンキッチンの場合は、こちらのように水栓のデザインにこだわることがお勧めです。目立つので!
グレーの壁と、明るいグリーンがマッチします!
調理中のにおいが室内に流れることも「少なく」・・・無いではなく、少なくがポイントです。
世の中に頻繁にパーティするご家庭はどれくらいいるのでしょうか?

クリナップ ステディアの情報
クリナップのU型キッチン

写真:クリナップ ステディア フラット対面L型 対面式 色:クリスタシトロン

コンロは壁側に、シンクはリビング側を向いたL型フラット対面。
調理中のニオイが室内に流れることも少なく、ゲストや家族との一体感も得られます。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:クリナップ「STEDIAステディア」より抜粋

外の景色が眺められるコの字型キッチン

外の景色が眺められるコの字型キッチン

写真:クリナップカタログより

クリナップのコの字型キッチンの評価は?

もともと窓がある方は、その窓を活かすもありだし、リフォムなら施工例のようにキッチンの高さに合わせて窓のサイズを変えることも可能!
従来の換気用の窓というよりは、明るさ確保、景色を眺める窓へと機能的に変わってきましたね。
ダイニング側は家電収納と、ゴミ箱スペースになります。
ダイニング側から家電収納って見せたくないってお客様も多いですね。
目隠しにもなるコの字型レイアウトは人気ですね。
キッチンの床にタイル素材ってどうですか?って質問が多いですね。
見た目もオシャレなキッチンで素敵ですが、何か物を落とすと、タイルが割れてしまう場合があり、修理費用がネックとなります。
冬はひんやりするので、スリッパは必須。清掃性も日本の生活スタイルだとちょっと大変な点もありますね。

コの字型キッチンの中のスペース

コの字型キッチンの中のスペースってどれくらいあればいいかの目安は、こちらの施工例をもとに見ると、1150mmのスペースがあります。
これぐらいあると、物の出し入れも楽で、動きやすいスペースですね。

クリナップ ステディアの情報
スノウウッドメープル

写真:クリナップ ステディア 壁付けL型 色:スノウウッドメープル

動線がスムーズ
ラスティックな扉とアンティーク調の取手であたたかみのあるデザインに。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:クリナップ「STEDIAステディア」より抜粋

スタイリッシュ好き向け!トクラスのコの字型キッチン

トクラスのコの字型キッチン

写真:トクラス ベリー(Berry)のカタログより

トクラスは、ヤマハ時代のピアノ製作で培った鏡面塗装技術が特徴!
艶のある高級感あふれるキッチンが魅力!
照明の当て具合で色が変化したり、見るだけでうっとりするキッチンですね。

トクラスは色にこだわりを持っています。キッチンも見た目重視の時代ですよね!

トクラス ベリー(Berry)の情報
ベリーキッチン

写真:トクラス ベリー(Berry)

絹鼠(きぬねず)というグレーカラーのキッチン。
日本の伝統色を用いているとのことで、和テイストのグレーが、側面まで継ぎ目なくなめらかに仕上がっています。

トクラスのカラーリング
114色のラインナップって、もはやオーダーキッチンの世界・・・。
注意点として、納期が他のメーカーよりもかかるので、計画的に。

コの字型レイアウト
キッチン寸法

表示価格は税抜価格です。*カタログ:トクラス「ベリー(Berry)」より抜粋

コの字型キッチンが豊富なメーカーはリクシル!

コの字型キッチン

写真:リクシルのリシェルSIキッチンより

センターキッチン ペニンシュラL型 色:グレイシャスカラーシリーズ セラドングリーン

U字型キッチン

写真:リクシルのリシェルSIキッチンより

対面キッチンユニット・ハイカウンタータイプ ペニンシュラL型
色:ミストカラーシリーズ ミストピンク

ロイヤルブルーのペニンシュラL型キッチン

リクシルU字型キッチン

写真:リクシルのリシェルSIキッチンより

センターキッチン・収納タイプ ペニンシュラL型
色:クレストカラーシリーズ ロイヤルブルー

キッチンのワークスペースが広いのが特徴。調理好きの方には嬉しいプランですね。

ペニンシュラL型
ロイヤルブルーキッチン
U型キッチン間取り図

コの字型キッチンを検討されている方におすすめしたい方法とは?

プロのインテリアコーディネーター

以上のように、コの字型キッチンで、パナソニック、リクシル、トクラス、クリナップを紹介させて頂きましたが、どのメーカーが1番良いか?ではなく、我が家にフィットするのは、どのキッチンを選ぶと良いか?を意識することが重要です。

ですが、各メーカーによって寸法や、レイアウト制限が異なり、どのメーカーのどのキッチンシリーズが適しているかどうかは、プロに調べてもらうのが1番です。

キッチンリフォームは、各システムキッチンの寸法など膨大な情報を把握している必要があるんです!
失敗しないキッチン選びは、プロの方に任せること!

キッチンリフォムのプロが集まっているサイトが便利!

キッチンリフォーム業者

そういったキッチンリフォームのプロフェッショナルが登録されているリフォーム版の一括見積サイトを利用すると便利です!

代表的なサイト:リショップナビ

リフォーム版の一括見積サイトには、厳しい審査をクリアしたリフォーム業者のみが登録できるサイトなので、キッチンリフォームの知識が豊富なリフォーム業者に特化して、見積依頼をすることができます。
見積依頼をすることによって、どのメーカーのどのキッチンが、我が家に適しているか、無料で提案がもらえるサービスです。

多くの方が利用している便利なサイトなので、まずは見積依頼をしてみてはいかがでしょうか?
\ 無料で提案がもらえるのが人気の理由! /
おすすめ一括見積サイト3選はこちら
*ネット上でやり取りできるので断る時も安心です。

ネット上でキッチンの見積依頼ができる サービスがあるのご存知ですか?