「シエラ」リクシルキッチンの評判は?コスパ最強キッチンとは?

シエラのキッチン

写真:リクシル シエラ オープン対面キッチン、センターキッチン、ペニンシュラI型 色:グロッシーバーチ

表情豊かな白木調のキッチンがやわらかな雰囲気をつくるキッチン。

キッチンプロユーザーの評価は?

リフォーム業者の方々

普段キッチンリフォームに携わっているリフォームプランナー、営業、設計、現場の方などに、こちらのシステムキッチンの評判、口コミ、プロユーザー目線での評価をしてもらいました!

オープンキッチンを選ばれる場合は、背面の収納を充実させることが大事です。写真のように、全ての家電がレイアウトできるように考慮して、プランニングして下さい。ちなみに、このグレードの収納部だけで、定価は60万円ぐらいします。実質価格として50万円ぐらい収納に費やすことを考慮するとよいです。
扉などの面材は、シエラの最上位グループ3を使ってます。グループ3の木目は、光沢感があり、グループ2の木目よりも高級感があります。光沢感がある仕上げは、汚れが付きにくいので、清掃面でもとても楽ですよ。
シエラの良いところは、コスパでしょう!リクシルの安価グレードなのに、安っぽさは全く伝わりません。むしろオシャレな色が豊富で、若い世帯には必ずシエラを勧めてます。
北欧スタイル=シエラのイメージです。ナチュラル系が好きな方は、シエラを見て、喜ぶ方が多いです。なにせ、シエラは値引き率が高いですからね。
このプランのように、オープンキッチンを考えている方にお勧めしたいのが、ペンダント照明です。手元を明るくするだけでなく、ペンダントの照明が、キッチン本体を照らし、カフェ風に変身するマストアイテムです!

シエラの割引相場は?

こちらのシステムキッチンの値引き相場を調べてみました!
価格が安いに越したことはないですが、値引きしすぎている料金設定にも注意が必要です!目安としてどーぞ!

リフォームチラシ

50~60%OFF

2021年リフォーム関連のちらし、広告、WEB調べ

表示価格は税抜価格です。
*カタログ:LIXIL「shiera」より抜粋

シエラの評判で良いとこ、悪いとこも教えてください。

キッチンリフォーム

写真:リクシル シエラ オープン対面キッチン、壁付I型 色:グロッシーチーク

こちらのシエラの仕様を元に、リフォーム業界の方から評判を伺いました。

表示価格は税抜価格です。

シエラの木目デザインで一番効果なグループ3のクオリティグロスラインシリーズのグロッシーチーク。
鏡面仕上げで艶があるので、清掃面でもラクです。
木目柄を選ぶ方は艶のないマット派か、ツヤのあるグロス派か分かれますね。
こちらのようにシエラのグループ3は高級感がありますね。
シエラの引き出し式収納は安っぽさが正直感じますね。開け閉め時のバタンって音が毎回気になります。
毎日の引き出し作業を考えると、アレスタ以上をお勧めしたいですね。
もしくは、オプションでソフトモーションレールを付けてください!
ハンズブリー水栓はコロナ禍ともあって、選ぶ方が多いですね。シエラを選ぶ方も、水栓にはオプションで選んでいますね。シエラのハンズフリー水栓はとても便利です!センサーが2か所、2種類あり、誤感知を防止する機能があって、ストレスフリーです。
ハンズフリー水栓は今後のスタンダードとなりつつありますね。
シエラのスキットシンクは、汚れがスムーズに流れ、シンク内の掃除が劇的に減ります!
似たタイプでクリナップのシンクもありますが、どちらも好評ですね。
リクシルの方が、最後の排水口まわりに排水が広がりにくい、ナイアガラフロー方式を採用しており、確かに掃除がラクって評判がいいです。
ステンレスシンクだと、水道水のカルキによる汚れが気になる方が多いと思いますが、リクシルのシンクはその点がクリアできると思います。
シンク内で勝手に水が流れてくれるのは、とてもいいアイデアだと思います。

見た目はシンプルでも機能は最新?

白色のキッチン

写真:リクシル シエラ オープン対面キッチン、壁付I型 色:スムースホワイト

こちらのシエラの仕様を元に、リフォーム業界の方から評判を伺いました。

表示価格は税抜価格です。

コンパクトキッチンのシエラの代表例ですね。最近はキッチンのサイズダウンを検討されているご年配夫婦の方も多いですよ。食器も少なくなり、掃除も楽にしたいので、あえて、サイズダウンしてキッチンを広く使う提案もしてますね。そんなケースの際は、低価格帯のリクシルのシエラはお勧めですね!

白のキッチン収納

白色のキッチンだと安っぽく見えることを心配している方も多いですが、こちらは、スムースホワイトという白色で、若干光沢感もあり、安物のマットの白キッチンとは異なりますよ。可能であれば、業者さんに色サンプルを見えてもらうように伝えてみては?
IHヒーターに食洗器、さらにハンズフリー水栓、浄水器水栓もつけた、最先端設備を取り入れても、キッチン本体は126万円。おそらく相場では半額で販売しているので、最強のコスパキッチンだと思いますね。
シエラのスキットシンクは、汚れがスムーズに流れ、シンク内の掃除が劇的に減ります!
似たタイプでクリナップのシンクもありますが、どちらも好評ですね。
リクシルの方が、最後の排水口まわりに排水が広がりにくい、ナイアガラフロー方式を採用しており、確かに掃除がラクって評判がいいです。
ステンレスシンクだと、水道水のカルキによる汚れが気になる方が多いと思いますが、リクシルのシンクはその点がクリアできると思います。
シンク内で勝手に水が流れてくれるのは、とてもいいアイデアだと思います。

L型キッチン人気のシエラ

L型キッチン人気のレイアウト

写真:リクシル シエラ オープン対面キッチン、壁付L型 色:クリエモカ

こちらのシエラの仕様を元に、リフォーム業界の方から評判を伺いました。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「shiera」より抜粋

オープン対面キッチンは台所リフォームでも最も多く採用されますね。広く開放的なキッチンは、皆さん喜ばれます。また対面式になると、ダイニング側から見るキッチンの見た目も重要で、最近では家具のように木目のキッチンが人気ありますよ。このリクシルのクリエモカは、落ち着いた木目柄で、リクシル商品なら、クリエモカが建材でも採用されているので、LDK一体のキッチンにはリクシルが使いやすいですね。
写真にあるとおり、こちらのキッチンの裏にあるウォールキャビネットがすごいです。カウンターがメラミン素材なので、掃除もしやすいですし、キッチンと同じ柄で統一感もあり、キッチン全体がすっきりします。実際は、電子レンジなどの家電製品が並ぶと思いますが、十分におけるスペースは、現在の調理家電がたくさんある時代にぴったりですね。あとは、コンセントの配置など、そこはリフォーム屋さんと相談ですね。
シエラのレンジフードで、よごれんフードと呼ばれる、汚れにくい構造の換気扇が人気あります。換気扇の掃除は誰でも面倒くさいですよね。こちらは掃除しやすいという視点でなく、そもそも汚れにくいがコンセプトで、本当に汚れないのが不思議な換気扇です。3か月に1回程度のお手入れとマニュアルにはありますが、ほとんど汚れない点が人気の理由だと思います。
対面式キッチンの場合の水栓って意外と目立つので、背中がきれいな水栓を選ぶといいですよ。
最近は調理家電が増えてきているので、なるべく置けるスペースとコンセントが大事ですね。

リクシル シエラのキッチンを選ぶ際の注意点は?

システムキッチンの評判

リクシル シエラのキッチンは、国内でも主要なシステムキッチンメーカーなので、どのリフォーム業者さんも施工品質は問題なくできるような作りになっております。

なので、「しっかり工事をしてくれる業者さんを探す」よりも、「提案力がある業者さんを探す」ことが大事です。

リクシル シエラは、選ぶパーツ、オプションが豊富な特徴がある一方で、プランナーとしての技量が求められるシリーズです。

そのプランナーが、リクシル シエラに精通しているかどうかは、見積書と一緒に出てくる提案書で比較してみることをお勧めします!

つまり、キッチンリフォームを失敗しないためには、良いリフォームプランナーと出会う必要があります!

まずは、2,3社のキッチンリフォームの業者さんと出会って、どの方が一番提案力があるかを見極めることからスタートしましょう!

最近では、ネット上で見積のやり取りができる「リフォームの一括見積サイト」が人気です。

いくつかサイトがあるので、ランキング形式でまとめたページを用意してありますので、参考にどーぞ。

まずはこちらの無料サービスに登録してからスタートしてみましょう!

ネット上でキッチンの見積依頼ができる サービスがあるのご存知ですか?