よくある失敗例!キッチンリフォームの落とし穴!

リフォーム業者の方々

リフォームの第一線で活躍されている営業マン、プランナーに
「キッチンリフォームで発生した失敗談は?」
「現場で発生したクレームは?」
についてヒアリングし、まとめてみました。

ぜひこれからキッチンリフォームをされる方は、ご参考ください。同じようにならないように・・・。

キッチンリフォームで発生した失敗談は?

奥様が普段料理されるご家庭なのに、ご主人が主導でキッチンの仕様を決めてしまった。結果、夫婦喧嘩に・・・。
予算の都合で、食洗器やコンロを安いタイプでお選び頂いたのに、工事が終わった後、使い勝手が悪いと文句を言われてしまった・・・。
壁付けのI型キッチンから、対面型キッチンにしたが、通路幅が狭く、キッチンの引き出しを引き出す度に、横に逃げる使い勝手に・・・。
オシャレなアイランド型キッチンにしたが、3ヶ月後に訪問したら、キッチンの上が物置になっていた・・・。
キッチンリフォーム後に、フローリングも新しくしたいと言われた。もっと早く言って・・・。

キッチンリフォームの現場で発生する多いクレームは?

現場で発生したクレームは?

  1. 「言った言わなかったクレーム」・・・打ち合わせの確認不足?
  2. 「思った色と違うクレーム」・・・ショールームで実物を確認すべき?
  3. 「追加工事発生トラブル」・・・工事をしたら配管が思い通りいかない。下地がない?

リフォームプランナーの方々のご意見を伺うと、キッチンのリフォームは工事の金額が大きいので、トラブルが発生しやすいとのこと。

『価格の安さ』よりも、『打合せの質』が特に重要なことだと実感しました。

自分だったら、打合せ回数が少ない、安売りリフォーム業者よりも、多少金額が上がっても、しっかり打合せしてくれる業者さんを絶対選ぶなぁと思いますね!

まずは、しっかり打合せしてくれる業者さんか?を見極めるために、複数の業者さんと直接会って、話すことからスタートなんですね!

キッチンリフォームトラブル

「キッチンリフォームを身内の工事業者さんにお願いすると、必ずと言っていいほど、失敗します!

と、多くのリフォーム工事に携わっている方々が言います!
身内の方が、安くやってもらえそうだし、安心でしょ!?と思いますが、
なぜ、身内でリフォームすると失敗するのでしょうか?

よくある失敗談「身内だと、言いたいことが言えない・・・」

キッチンリフォームは決める箇所が多く、多くの方が「プロにお任せ!」といって、打合せをしっかりせずに進めてしまうケースが多いそうです。
身内だから、うまくやってくれるでしょ!?
それが、失敗の原因!!
出来上がってみたら・・・えぇー!!ってことが、よくあるとのこと!
「身内だから、やり直して!」って言いづらいし・・・
「あまり細かいこと言うと、身内だから、関係を悪くさせたくないし・・・」
と、身内だからこそ、言いたいことが言えなく、結果、キッチンリフォームが失敗するケースが、多々あるとのこと!
身内で車を購入するのとは別!

リフォームするなら、身内には絶対に声を掛けないのがポイントとのこと!

ちなみに、頼まれる業者さん側も、身内の工事は極力やりたくない!とのこと。

身内リフォーム=失敗 の話は、リフォーム業界の方々には「あるある」話とのこと。

皆さんも、台所リフォームの場合は、親族、友人、仕事取引先など、縁のないところから業者さんを選ぶようにしましょう!

ネット上でキッチンの見積依頼ができる サービスがあるのご存知ですか?