「シエラ」の人気色は?最新のリクシル赤色キッチンとは?

赤のシエラ

写真:リクシルカタログより

「シエラ」の評価は?

リフォーム業者の方々

普段キッチンリフォームに携わっているリフォームプランナー、営業、設計、現場の方などに、クリナップのラクエラの評判、口コミ、プロユーザー目線での評価をしてもらいました!

深みのある赤いキッチンがないかしら?と言われたら、リクシルのディープレッドをお勧めします。派手派手しい赤ではなく、落ち着いた色なので、毎日キッチンを見ることを考慮すれば、深みのあるリクシルの色は評判いいですよ。
こちらのキッチンにあるように、水栓が2つ付いており、1つは浄水器専用の水栓です。もう1つはハンズフリーの水栓で、最近では水栓はほとんどハンズフリーを選ぶ方が多いですね。対面式、アイランド式の場合は、水栓の背中が目立つので、ぜひチョイスしてほしい一品ですね。
キッチン本体の背面にあるカップボード(収納部)の色も同色で合わせる場合は、キッチン以外の内装の色のコーディネートも重要です。こちらのように、赤をアクセントとする場合は、壁や天井、床も主張のないホワイト系で統一すると、ぐっとキッチンの色味が際立つインテリアになりますよ。
シエラはリフォーム屋としてはたたき台になるシリーズですね。まずは低価格帯でそこそこ見栄えがいいシエラは、そういう意味で人気ありますよ。
リクシルなので、商品の品質は問題ないですね。施工品質はリクシルがトップな気がしますね。

リクシル シエラの情報

赤のシエラ

写真:リクシル シエラ オープン対面キッチン、センターキッチン、ペニンシュラI型 色:ディープレッド

深みのある赤がキッチンを華やかに彩る

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「shiera」より抜粋

最新のモノトーンキッチンとは?

リクシルシエラキッチン

写真:リクシル シエラ オープン対面キッチン、壁付L型 色:ディープグレー

こちらのシエラの仕様を元に、リフォーム業界の方から評判を伺いました。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「shiera」より抜粋

モノトーンキッチンを用意しているメーカーって少ないのですが、シエラにはあります。シエラのモノトーンは高級感もあってお勧めです。

キッチン家電収納事例

L型キッチンで考える場合、コーナー用のキャビネットでキッチンメーカーを選ぶ方が多いですね。シエラの場合、スライドストッカー付きのキャビネットが人気です。上部は開き扉になっているので、コーナーの奥まで使えます。
よくキッチンリフォームの失敗例として、電子レンジを置く家電収納部が、キッチンとマッチしていないケース。安く済ますために、あえてキッチンメーカーの商品にせずに、家具屋で購入する方も多いのですが、メーカー品の家電収納は見た目の統一感だけでなく、やはり商品のもの、質が違いますよ。掃除もしやすいし、可動部のへたりもなく、長い間安心して使える点から、自分はいつも家電収納もセットにすることをお勧めしてますね。
シエラのスキットシンクは、汚れがスムーズに流れ、シンク内の掃除が劇的に減ります!
似たタイプでクリナップのシンクもありますが、どちらも好評ですね。
リクシルの方が、最後の排水口まわりに排水が広がりにくい、ナイアガラフロー方式を採用しており、確かに掃除がラクって評判がいいです。
ステンレスシンクだと、水道水のカルキによる汚れが気になる方が多いと思いますが、リクシルのシンクはその点がクリアできると思います。
シンク内で勝手に水が流れてくれるのは、とてもいいアイデアだと思います。

ライムグリーンのキッチン

ライムグリーンキッチン

写真:リクシル シエラ セミオープン対面キッチン、壁付I型 色:ミストグリーン

こちらのシエラの仕様を元に、リフォーム業界の方から評判を伺いました。

表示価格は税抜価格です。*カタログ:LIXIL「shiera」より抜粋

シエラのミストグリーンのキッチンは多くの方がお選び頂いてますね。キッチン全体を明るくしたい方には、ライムグリーンでアクセントにして、床も白くしてみるのもお勧めします。ダイニングとキッチンは一体になっても、床材が変わるだけで、空間に変化ができて、とてもおしゃれになりますよ。

対面式で明るいキッチン

人造大理石のカウンターだけでも5種類も用意されているのがリクシルのシエラです。同じ白色でも表情が変わるのが人造大理石なので、人造大理石が好きな方には結構リクシルのキッチンを紹介するケースが多いですね。
シエラのシンクは評判がいいですね。ステンレスタイプのシンクは、シンクの奥が滝のように汚れた水が流れる構造になっていて、よく洗い物が終わった後のシンクの掃除がぐんと楽になりますよ。使ってみないとわからない点ですが、お客様から後で聞く感想で1番多いですね。

リクシル シエラのキッチンを選ぶ際の注意点は?

システムキッチンの評判

リクシル シエラのキッチンは、国内でも主要なシステムキッチンメーカーなので、どのリフォーム業者さんも施工品質は問題なくできるような作りになっております。

なので、「しっかり工事をしてくれる業者さんを探す」よりも、「提案力がある業者さんを探す」ことが大事です。

リクシル シエラは、選ぶパーツ、オプションが豊富な特徴がある一方で、プランナーとしての技量が求められるシリーズです。

そのプランナーが、リクシル シエラに精通しているかどうかは、見積書と一緒に出てくる提案書で比較してみることをお勧めします!

つまり、キッチンリフォームを失敗しないためには、良いリフォームプランナーと出会う必要があります!

まずは、2,3社のキッチンリフォームの業者さんと出会って、どの方が一番提案力があるかを見極めることからスタートしましょう!

最近では、ネット上で見積のやり取りができる「リフォームの一括見積サイト」が人気です。

いくつかサイトがあるので、ランキング形式でまとめたページを用意してありますので、参考にどーぞ。

まずはこちらの無料サービスに登録してからスタートしてみましょう!

ネット上でキッチンの見積依頼ができる サービスがあるのご存知ですか?